Red Child

2011年

Dress...

こども達が持つ「赤」にあなたは何を感じますか?

まず、コンセプトより浮かんできたものは色だった。
現代社会における様々な問題の根源、それは自分以外に対しての無関心や、
こどもや他者に対しての『私物化』があるのではないだろうか…

親子関係に限らず、現代社会の全ての人間関係において、
自分以外の他者を私物化する事により、
自分の存在価値を見いだす人々が多くなっているのではないか?
インターネットが中心の現代社会では、
自分と他者との関係性をどの様に築けば良いか、分からなくなってきている…

中でも、とかく親は子どもを私物化してしまう事に陥りがち…
また、対局にあると思われる他者に対しての無関心も表裏一体、
実はこの2つはどこかで繋がっているかもしれない…

今、起こっている様々な事件、こどもや老人に対しての虐待や孤独死の問題など、
私の中の現代社会への疑問を素直に表現し、
こどもという存在に投影して生まれた作品たち…

あなたの目にはどう映るのでしょうか?

✕ ページを閉じる