無限のゼロ。

2015年

Dress...

無という言葉の相反する二つの意味…
空っぽにも無数にも無限にもなる…
ゼロの中の無限…

点が線になり、線が面になるように、
限られた文字を繋ぎ合わせて無限の言葉が生まれ
無数に変化を遂げ、無秩序な情報が生まれ続ける。

理不尽な現代社会に生きる私達は、大量生産、大量消費の渦の中、
口から出る言葉やインターネットによる情報も正に大量生産され、
嘘も真実も関係なく消費され、使い捨てされる…

無限と思っていた存在が実は有限で、矛盾の連鎖が永遠に繰り返される中、
退化した感覚に気づく間もなく、めまぐるしく繰り返されているのは
負の連鎖なのか、正の連鎖なのか、それとも無の連鎖なのか…

安心安全と疑わなかった物が、実は危険だったと気付き…
嘘だと気付き…間違いだったと気付き。。。

でも、その嘘をその間違えを手離せない私達…

丸く大きな地球の中で無秩序な情報が歪な形の人間を構築し、時代は繰り返され
同じような思考、同じような顔、同じような言葉が反復され…

「無」が無限に蓄積され、やがて全てがゼロになる…

✕ ページを閉じる